ホーム 新着情報 月下独酌 中国音楽フェスティバル 中国・音楽の旅  中国香港台湾催し案内
アジア音楽演奏会紹介 モモの音楽日記  アジアの微笑み 上海コレクション 演奏家の世界

中国音楽フェスティバル
 中國音樂節  中国音乐节

第1回中国音楽フェスティバル報告 第2回中国音楽フェスティバル報告
第3回中国音楽フェスティバル報告 第4回中国音楽フェスティバル報告
第5回中国音楽フェスティバル報告 第6回中国音楽フェスティバル報告

中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
フェイスブック

<中国音楽フェスティバルニュース>19.5.20

 事務局会議報告
 
 4月末から5月初の長い連休で、中国音楽フェスティバル実行委員会事務局もいささか緊張感が途切れていましたが、5月9日(木)に事務局会議を開き、第6回フェスティバルの運営についての反省点などを話し合いました。

 報告が遅れましたが、主な反省点は舞台運営や時間配分などの点でした。クレオ大阪側のスタッフとの連携も含め、座席の転換・配置、ピアノ使用時の移動なども含め、舞台運営については更に完璧を目指して様々な工夫を凝らしていくことを確認しました。

 もとより事務局の仕事とは、何より参加者が楽しく気持ちよく演奏できる場にする、ことであり、それ以上でもそれ以下でもありません。ですのでよりいっそう各参加団体との連絡を密にし、情報の相互交換など、フェスティバル当日だけでなく、準備段階からスムーズに進められるよう工夫していきたいと考えています。

 今後ともよろしくお願いします。

 また活動の合間には音楽情報などの提供も積極的におこない、中国音楽を楽しんでいきたいと思います。このHPにも、またフェイスブックにも、フェスティバルに参加した団体の演奏会を紹介していきます。
                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.4.25

 第6回中国音楽フェスティバル報告記事
 
 第6回中国音楽フェスティバルの報告記事をアップしました。

 参加各団体の紹介と当日の演奏の写真を掲載しています。それぞれの演奏の様子を、1枚の写真ですが楽しんでください。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.4.15

 第6回中国音楽フェスティバルが終了
 
 4月13日の第6回中国音楽フェスティバルは無事終了しました。
 これも演奏参加者、会場に聴きにてくださった皆さん、そして裏方として働いていただいたスタッフの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
 
 当日、会場では音楽の国際交流のための募金活動をおこないましたが、3万3160円ものお金が集まりました。皆さんのご厚意に感謝します。

 この募金は海外から来る楽団との音楽交流時に使用させていただきます。ありがとうございました。

 今後、フェスティバルの報告や写真など、順次こ
のHPでも掲載していきますので、よろしくお願いします。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.4.08

 
楽器の健康診断
 
 4月13日フェスティバル当日における、新たな活動の紹介です。
 今回台湾からフェスティバルに楽団が参加しますが、それに合わせて楽器のお医者さんといわれる李明皇老師が来日することになりました。
 
 李老師は日本の中国音楽愛好家の皆さんと交流をしたいということで、今回特別に「楽器の健康診断」をフェスティバル当日に開催することとなりました。
 李老師が皆さんの持っている楽器をチェックし、何が問題あるかを診断してくれるというものです。大きな修理をするということではなく、楽器の状態のチェックと簡単なメンテナンスの紹介をおこなおうというものです。
 時間は11時15分~12時まで。フェスティバル受付横に机を置いて行う予定です。
 
 時間に限りがありますので、当日先着15名に限らせていただきます(申込みは必要ありません)。現場においでください。
 
 1人2~3分程度の対応となります。二胡に限らずあらゆる楽器が対象で、無料です。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.4.02

 
フェスティバルまであと10日

 4月13日フェスティバルまであと10日となりました。

 当日の演奏順は決まっており、またアナウンス担当や写真撮影担当者、受付、舞台、ホールで運営を支えるスタッフも決まっており、事務局では準備を進めています。

 参加する団体はいずれもレベルの高いグループであり、是非多くの人に中国楽器、音楽を楽しんでいただきたいと考えています。

 入場料は無料ですので、会場のクレオ大阪にぜひ多くの方が来られるようにお願いします。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.3.18

 
フェスティバル演奏順表をアップ

 4月13日フェスティバル当日の演奏順表をこのHPにアップしました。

 明るく楽しい音楽会となるよう、事務局は全力を尽くしますので、ぜひ多くの方が聴きに、見に来ていただくようお願いします。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.3.14

 
日台合同練習会・参加者募集受付停止 練習見学受付

 今回新たな取り組みとして、「日台合同練習会」を企画し、3月9日から参加者の募集を始めましたが、あっという間に定員が埋まってしましました。

 参加を予定されていた方には本当に申し訳ありませんでした。

 それで当日ですが、練習見学者の参加を受け付けます。会場のクレオ大阪ホールの舞台で練習会を行いますので、練習見学希望者は自由に座席についていただいて構いません。

 それではよろしくお願いします。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.3.09

 
日台合同練習会の呼びかけ

 第6回中国音楽フェスティバル開催まであと1か月となりました。3月13日に会場のクレオ大阪中央との事務的打ち合わせがありますので、内容が確定して以降皆さんに詳細な情報をお知らせする予定です。

 さて、今回は台湾・台南市から3団体、延べ20人の参加が確定しました。学生や若い演奏者が中心で、日本の中国音楽楽器演奏者との交流を何らかの形で行いたいとの強い希望が出されましたので、事務局として新たな取り組みを提案することとなりました。

 「日台合同練習会」の提案です。フェスティバルに参加する台湾のメンバーとともに1曲練習し、台湾ではどのような練習方法を取っているのか、などを体験していただこうというものです。フェスティバルに参加・不参加にかかわらず、中国音楽愛好家であれば誰でも参加できる催しです。また楽譜はオーケストラ用ですので、すべての楽器で参加していただくことが可能です。

 当日の練習指揮は、台南市の郷韻民族楽団の指揮者・芸術総監督の林丕瀚さんがおこないます。

 詳細は以下の通りです。

 〇日時:4月13日(土)、フェスティバル終了後、19時~20時
 〇場所:クレオ大阪中央ホール
 〇予定曲:「賽馬」楽譜あり(オーケストラ用フルバージョン5線譜)
 〇申込み:個人で申し込み。「名前、住所、楽器、メールor電話(連絡先)」を明記のうえ、フェステ        ィバル事務局 shengmei06@gmail.com へメール  

 〇費用:無料
 
 ●概要:先着30名募集です。
    当日は同時通訳があり、指揮者の意図が確実に伝わるよう手配します。
    楽譜台は各自持参です。またフェスティバル参加者は全日となりますので、必要なら食事は    各自持参です。
    楽譜は5線譜ですので、必要な場合自ら数字譜に転換してください。

 以上ですが、クレオ大阪ホールの舞台で練習できる貴重な機会ですので、是非多くの方が参加してくださるようお願いします。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.2.18

 
第6回中国音楽フェスティバルまであと2か月

 第6回中国音楽フェスティバルの申し込みを1月末で締め切り、事務局では現在、その整理とプログラム作成や舞台配置などの準備を続けています。

 今回、申し込みは日本の団体が21団体(最大人数の団が44人で最小の団が3人)、台湾・台南市から3団体(それぞれ3名、7名、10名の団です)で、合計24団体となりました。複数団への参加者を含めた参加延べ人数は288名となっています。

 台湾からは初の参加で、いずれも若い演奏者が日本の演奏団体との交流も含めて日本に来ることを楽しみにしている、との話も聞いています。

 とにかくホール舞台に上る皆さんが楽しく演奏できるように、また見に来る(聴きに来る)皆さんも楽しめるように、準備をしていきたいと考えています。

 今後事務局では、舞台進行やプログラム作成、スタッフ配置等様々な準備を進めていく予定です。参加団体にはいろいろ文書の送付など、事務局からの連絡もありますので、よろしくお願いします。

                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局
                                     

<中国音楽フェスティバルニュース>19.1.15

 
第6回中国音楽フェスティバルまであと3か月

 新年あけましておめでとうございます。

 第6回中国音楽フェスティバルまであと3か月となりました。今回は台湾・台南市から2団体の参加があり、また今回国内でも新たに参加を表明している団体もあり、新たな交流の機会が増えると事務局も期待しています。

 参加応募の締め切りは1月末ですが、すでに数団体から応募用紙が届いています。

 事務局もこれから事あるごとに会議を行い、準備に万端を尽くすつもりです。

 ということで、各団体の積極的な参加をお待ちしています。
                               中国音楽フェスティバル実行委員会事務局

                                     

中国音楽フェスティバル実行委員会事務局(中田勝美)
〒565-0874 吹田市古江台2-10-13 近隣会館2F
TEL:06-6833-8436
メール:shengmei06@gmail.com


ページトップへ戻る


inserted by FC2 system